結婚式の費用をリーズナブルにしよう|少人数の挙式

女性

工夫によって最高の一日を

メンズブライダル

結婚式でタキシードを着るなら、豊富な数の衣装を比較してみましょう。多くの男性から選ばれてきたデザインが見つかります。

原宿セント・ヴァレンタイン教会

少人数結婚式はこちらで展開されています。良い想い出を作ることができるということで、多くの人気が寄せられるようになっています。

新しい挙式スタイル

ウェディング

結婚式には、人前式という挙式スタイルがあります。一般的な挙式方法は、キリスト教式や仏前式・神前式です。しかし、ここ数年で人前式に注目が集まっています。神前式はイエスキリストに、仏前式は仏に、神前式は天照大神に夫婦のきずなを誓います。しかし、人前式は、出席者に結婚を誓うスタイルです。人前式の利点は、会場の一体感を高められることです。新郎新婦がゲスト全員に対して結婚の誓いを立てて、その場の一人一人が証人になるため、連帯感が生まれます。また、神父や神主が必要ないので、その分の費用を節約できます。また、宗派が関係ないので、形式にこだわらないカジュアルな結婚式を演出できます。

小規模な式で格安に

結婚式は、招待人数が多ければ多いほどそれなりの費用が発生します。そのため、近年の結婚式に見られるパターンとして、小規模化が挙げられます。事実、マナーハウスタイプの結婚式場や、50名くらいの人数の招待客に抑えるパターンが増加しています。そうすれば、少人数でリラックスした雰囲気になるとともに、ゲストと言葉を交わす余裕が生まれます。また、料亭やレストランに両親や親族のみを招待して、ゆっくり食事と会話を楽しむ結婚式にも人気が集まっています。そうすれば、費用の問題が気にならない上に、一人一人に感謝の気持ちを伝えることができます。そのほかに、会費制のウェディングパーティーも盛んです。これは、結婚式の披露宴ほど改まった席ではないので、気楽に参加できます。そのうえ、新郎新婦の費用負担が軽減できます。

結婚式にかかる費用が知りたいならこちらのサイトでチェックしましょう。どんな事にお金がかかるのか徹底的に紹介しています。

出せるお金を伝える

男女

費用から結婚式のプランを考えてもらう事ができます。この方法であれば、自分達が準備できる費用をオーバーしてしまう事もありません。結婚式場によって、プランが変わってくるので、たくさん足を運び納得できるまで相談しましょう。

Read More...

結婚にはいくら必要なのか

結婚

結婚式による式費用は式の1〜2週間前に前払いする事が多く、現代では親から援助を受けるカップルもいます。料理や衣装にお金をかけるカップルが多いとされています。後悔しないように見積もりをしっかり行い、どこにお金をかけるかを決めておきましょう。

Read More...

安くする方法を考える

男女

結婚式には様々な費用がかかります。結婚式場の方に全てを依頼してしまうと高くなってしまいますが、自分達である程度用意できれば、1割程度安く済みます。ウエディングドレスや司会者、メッセージなどの部分を見直してみましょう。

Read More...